『不妊症』とは正常な夫婦生活があるにもかかわらず、2年以内に妊娠しない状態をいいます。『不妊症』の原因が常に女性側にあるとは限りません。男性側に問題のある場合もあります。統計的には、女性側に原因がある場合が5割、男性側の場合が3割といわれています。その他、原因のはっきりしないものも2割程度あります。男性側が原因の場合は、精子に問題があるケースがほとんどです。精子の数が少ない、精子がない、精子の元気がないなどです。病院で精液検査をしてもらえばすぐにわかるでしょう。女性が原因の場合はいろいろなことが考えられますので、原因を特定するには、一つずつ調べていかなければなりません。女性側が原因の場合には、次のようなケースがあげられます。
【排卵障害】:きちんと排卵が出来ていない状態です。無月経の場合もあります。
【卵管因子】:何らかの原因で卵管が詰まってしまったり、周りに癒着が起こったりしていて、妊娠が成立しない状態です。
【子宮因子】:子宮内部に何らかの異常があり、妊娠が成立しにくい状態をいいます。子宮筋腫やポリープ、子宮奇形などがあげられます。
【子宮内膜症】:子宮の内膜に何らかの異常がみられる状態をいいます。女性不妊の原因として比較的大きな割合を占めていて、年々増加傾向にあるようです。
また、原因が一つだけでなく、いくつかの原因が重なって不妊となっていることもあります。不妊の治療を行う際には、これらの原因を特定して、それにあった治療を行うことになります。